フレッツ光で光ファイバーを直接引き込むプランの契約

フレッツ光で光ファイバーを直接引き込むプランの契約

フレッツ光で光ファイバーを直接引き込むプランの契約

フレッツ光にも種類があり、もっとも通信速度が速くなる可能性があるのは、光ファイバーをそのまま自宅内のホームゲートウェイに接続する回線です。しか し、光ファイバーを自宅に引き込めるかどうかは、建物の状況によって変わってきます。
たとえば集合住宅の場合、建物の設備が対応していないと光ファイバーを各部屋に配線することができません。もし、配線できない場合はフレッツ光の契約で あっても回線自体はVDSLというものになり、回線速度の上限は光ファイバーよりも低くなり、また、光ファイバーであれば利用できる一部のサービスは利用 できません。
では、NTTに連絡をしたら建物が光ファイバーを引き込めるようになっていないといわれてしまい、それでも、なんとかして引き込みたいという場合はどうす ればいいのでしょうか。
その場合、まず、建物の管理者と交渉をして、光ファイバーを引き込めるようにしてほしいと頼むという方法があります。もし、引き込んでもいいということに なったら、管理者とNTTが話し合いを行い、引き込みが正式に決定したら光ファイバーを直接部屋に引き込むプランと契約できます。
ただ、古い建物の場合は各部屋に光ファイバーを引き込むのは物理的に無理という場合もあります。その場合は、集合住宅のプランではなく、一軒家のプランで NTTと契約し、電柱から集合住宅の部屋まで直接光ファイバーを引き込むという方法が使える可能性があります。